連歌の広場でアロマクラフト作り

こんにちは。香りとまちが大好きな北九州の香りすと みおん です。
先日、若松区で開催さたイベントに出展でした。
皆さんは、北九州市若松区の若戸大橋のたもとににある『市場』を訪れたことはありますか?
港町の雰囲気を残したイベント会場周辺の
ミニツアー的なご紹介と、アロマクラフトレポートです。

『連歌の広場』に集まる市場

青く澄み切った晴天!

イベント会場は、若松区浜町の『連歌の広場』。
先に何故『連歌の広場』という名称かといいますと。
「連歌」という言葉からイメージがつくかと思いますが、
連歌師の飯尾宗祇が連歌の普及の際に、
この地に立ち寄って歌を詠んだことから、その名ついたとされているそうです。

この広場は、昔ながらの「市場」がいくつも集まる場所で、主催者のページから引用させていただくと。
『ここで言う“市場”とは「浜市場連合」のことで「えびす市場」「共栄市場」「大黒市場」「ウィングプラザ」の市場と「五平太商店街」「大正町商店街」という2つの商店街のことです。』(引用:FBページ「楽しい時間(旧はんどめいどマルシェ」)
周りには、お花屋さん、野菜屋さん。お魚屋さん。と、市場ならではのお店が連なっていました。


中には、市内外からわざわざ買い物に来られる人気店もあって、その中の一つ、旧丸仁市場にあった
『丸窓』。こちらは、売り切れ御免の丸天。間もなく売れきれるかも!という話を聞いて、並びました。

待つこと、20分くらいだったでしょうか? 揚げたての、ふっわふわの丸天をいただきました!
本当にふっわふわで、とっても美味しかったですよ!

ふっわふわの丸天(白) 塩味がきいて美味しかったですよ! 100年の伝統の味。味わいました。

 

アロマクラフト作りでは。

と、若松探索もした今回のイベント。
肝心のアロマクラフト作りでは、アロマミストとトリートメントオイル作りを
楽しんでいただきました。

初めての外イベント。 若戸大橋のたもと。橋を支える柱が見えますね。
14872593_1119494864802229_227423070_n

安河内豆腐の「うの花ばあば」さんと一緒でした。 あっという間に売り切れたシフォンケーキ。

アロマミストは、オリジナルブレンドオイル『帆柱の散歩道』の精油を使って
1度作ったことがある方から、「香りがよかったので、もう一度同じの作りたい!」
と何ともうれしい感想をいただいてお作りいただきました。

トリートメントオイル(ボディケアオイル)は、お好みに合わあせてお作りいただくスタイルで、
フランキンセンス&ゼラニウム&ラベンター の組み合わせや
ラベンター&ゼラニウム&ユーカリラディアタ の組み合わせなど。
また、ベースのキャリアオイルもホホバゴールデンにサンフラワーオイルを
少しブレンドしてお作りいただきました。

お顔以外、全身にお使いいただけるトリートメントオイルですので、これから乾燥が気になる季節。
お風呂上りや、お休み前のリラックスタイムにご使用いただけたら幸いです!

精油はもちろんですが、トリートメントオイルで使用したベースとなるキャリアオイルも
英国『ペニープライス社』のキャリアオイルを使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このトリートメントオイル作りは、来月、ミニセミナーの形でお作りいただけます。
日時:平成26年11月19日(土)10時~12時
料金:3,500円(ワンドリンク付き)
25mlのトリートメントオイルをお持ち帰りいただけます。
詳細は、後日、イベントページでもお知らせしますね。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る