8月に用意しておきたい精油

8月は、ひと月の間に季節の移ろいを感じやすい時期。
暑いから、そんな風には感じないかもしれませんね。
8月に用意しておきたい精油のご紹介です。

上旬は、暑さと熱さ漲る夏祭りの総決算の時期

暑さと熱さでエネルギッシュな時期は、爽快感を感じる香りや、
暑さでヘトヘト気味からの回復をサポートする精油がおすすめです。
そして、8月7日は立秋。この日から、暦の上では「秋」を迎えます。

レモングラス〔Cymbopogon citratus/Cymbopogon flexuosus〕
レモン〔Citrus limon〕
グレープフルーツ〔Citrus paradisi 〕
コーンミント〔Mentha arvensis〕
ペパーミント〔Mentha piperita〕
ユーカリ〔Eucaliptus globulus〕
ティートリー〔Melaleuca alternifolia〕 など

中旬は、ご先祖様をお迎えするお盆

立秋を境に、季節のご挨拶は「残暑お見舞い」に。
お盆は8月13日にお迎えして、8月16日にお送りします。
心静かに、ご先祖様に感謝の気持ちを伝える時期におすすめの精油は
フランキンセンス〔Boswellia carterii/Boswelia thurifera〕 
ラベンダー〔Lavandula augustifolia/Lavandula officinalis〕 
ベチバー〔Vetiveria zizanioides〕
サイプレス〔Cupuressus sempervirens〕 
メリッサ〔Melissa officinalis〕
ネロリ〔Citrus aurantium 〕など

下旬は、暑さはあるものの、秋の気配を感じる時期

8月23日に処暑を迎え、暑さが和らいでくるころです。
日中は暑くても、朝夕は過ごしやすくなる時期には
フランキンセンス〔Boswellia carterii/Boswelia thurifera〕 
ラベンダー〔Lavandula augustifolia/Lavandula officinalis〕 
パチョリ(パチュリ)〔Pogostemon cablin / Pogostemon patchouli〕 
シダーウッド〔Cedrus atlantica〕
スイートマジョラム〔Origanum majorana〕 など

おすすめのお手軽な使い方

お好みの精油をティッシュペーパーやコットンに2~3適含ませて、
ハンカチや下着を入れている引き出しに。
タオルを入れている引き出しに。
お布団を上げるときにお布団に挟んで。
ベットメイキング後のベッドに。
お出かけのいつものバッグのポケットに。

アロマテラピーの約束事
自然の恵みの精油を安全に、身近に、お楽しみいただけたら幸いです。
精油は有機栽培の環境で育てられた植物から、
その植物にあった抽出方法によって得られたものです。
*精油を肌へ塗布するときは、必ずベースオイルなどに希釈ししましょう。
*精油の原液を直接肌へ塗布することはお控えください。
*精油飲み物ではありません。
お子様やペットが誤って口にしないようご注意ください。
*柑橘類は、紫外線に当たると皮膚に炎症を起こす場合がございませす。
日中の肌への使用はお控えください。

取扱精油
純粋で芯のある精油の香りにひかれて、
英国「ペニープライス社」の精油を取り扱っております。
新鮮な精油をお届けするよう、
受注発注で精油のご注文を承っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る