天使の羽ヒーリング1回目を受けたとき

私 みおん が『天使の羽ヒーリング』を実際に受けた感想と、
セッションの流れも一緒にご紹介していきます。

私も羽があるの?

[天使の羽ヒーリングセラピスト養成講座]受講前に、
初めて受けた『天使の羽ヒーリング』
誰もが持っている自分の羽。背中にある羽。
本当に私にもあるの?
肩こりのある、背中も凝り固まった私に、羽が出せるの?
羽ばたけるの?と思いつつ、
なんとな~く、白い大きな羽があることを予感していて。
でも違うかも。思い違いかも。とドキドキしつつ。。。

宗像市を中心にご活躍の山近幸子さん(以下、「幸ちゃん」)の
セッションを受けました!
*幸ちゃんのWebはこちら

天使の羽ヒーリングどんなことするの?

まず先に、天使の羽ヒーリングの流れにについて、ご紹介します。
考案者は藤華さんこと、原藤華さん。
私のアロマテラピーの恩師でもあります。
*藤華さんの天使の羽ヒーリングのWebはこちら

『天使の羽ヒーリング』は、3回のセッションが目安とされています。
そして、「羽を視る」ことが目的ではなく、
本来のその人らしく在ることを応援するセッション。
セッションの流れは、
この日時点で抱えている自分の思考の“癖”や
いつも感じる“壁”のようなものを
コンサルテーションで解きほぐしていきます。
この時間は、「なぜ」「何故」「ナゼ」と、
自分と向き合う大切な時間。
ここでじっくり話すことで、
自分自身で「あ!」と気づくことがあります。
そこに、私らしさを邪魔しているもののヒントがあり、
一つのキーワードに絞れてきます。
そして、そのキーワードから、
私らしさを邪魔しているものを『邪縁切り』の技術でクリアにし、
いよいよ『羽』を視ていきます。

いよいよ私の羽です。

では、幸ちゃんに視てもらった、私の『羽』。
白い翼を感じました。なんだろう?鳩?白鳥かな?
鶴っぽい気もするけど。と私。
幸ちゃんからも、白い羽。孔雀のような羽もあるよ~。
でも首が長くて鶴かも。 と、最初は色んな『鳥の羽』を感じました。

1回目では、自分の羽がどの羽か安定しない場合もあるそうです。
本来の私。とは別に、これまで過ごした環境で培った“私っぽい羽”も
感じたりするようです。
色んな『鳥の羽』を感じたけど、この日は“鶴”の姿で羽ばたき、
飛び立ち、この日飛べる距離を飛びました。
飛んでる最中に、鶴から白鳥へ変化して、
最後は白鳥の羽で舞い降りました。
鶴も白鳥も、大好きな鳥。とても気持ちよく、飛べました!

実は、私自身。鳥の羽を感じていたけれど、
役割としては蝶の羽なのでは?
とも思っていたので、はっきりと、大きな羽を感じた時は、
「私は鳥の羽のタイプなんだ。
ここ最近思うもどかしさのような
ものは、羽をしっかり羽ばたかせたい。
私らしく飛びたい(在りたい)という内なる思い、
強い思いから来てるんだ。」と腑に落ちました。

腑に落ちると行動に移せる。

久々に感じた「腑に落ちる」
これが、意識や思考の変化に繋がり、
行動も言葉も思いも変化していく。
私は、言葉の扱い方が変わりましたよ。
大きな変化を求めてしまいがちが、
小さな変化に気づけるかどうかも重要で、
小さな変化に気づき認めると、
次の変化も感じ取りやすくなってきます。

小さな変化に喜びと、変化した自分にご挨拶♪
セッション後から現在は、白鳥の羽で落ち着いています。

2回目、3回目もセッションを受けて、
羽の形も変化していきましたので、
その様子も次の機会にご紹介しますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る